電子書籍市場が縮小

――電子書籍ビジネス調査報告書2012発行―― 2011年度の新プラットフォーム向け電子書籍市場規模は112億円 前年度比363%増 ?電子書籍市場全体は629億円、2016年度に2,000億円規模へ成長と予測? | インプレス R&D

インプレス R&D が、日本国内の2011年度の電子書籍市場規模を発表しました。
それによると、2011年度の電子書籍市場規模は629億円と推計され、2010年度の650億円と比較し、-3.2%と微減となります。新たなプラットフォーム向け電子書籍市場は対前年比363%増の112億円へと急速に拡大しているものの、フィーチャーフォンからスマートフォンへのデジタルコンテンツのシフトがスムースに進んでいないことから、ケータイ向け電子書籍市場の落ち込みを補完できていないとのことです。
2012年度以降の日本の電子書籍市場については、ケータイ向け電子書籍市場の減少傾向は続くものの、新たなプラットフォーム向け電子書籍市場の急速な立ち上がりにより、2016年度には2011年度の約3.6倍の2,000億円程度になると予測しています。