SHOWA 会が第30回総会を開催

kagami

弊社ユーザー会「SHOWA 会」(今井茂雄会長)は、10月12日、千代田区飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで第30回総会を開催しました。講演会、懇親会を併催し、会員、賛助会員ほかの皆さま150名様のご参加をいただきました。節目となるイベントに多数様お越しいただき、厚くお礼申し上げます。

総会は、先に逝去された SHOWA 会幹事・金子政彦氏への黙祷ではじまり、日本語ワープロの登場や SHOWA 会の前身である文豪の会の発足にさかのぼる今井会長のごあいさつの後、通常の議事に入り、第30期の事業計画・予算などを決定しました。新年度事業として、年2回以上の研修会、2回の工場見学会、2回のゴルフコンペ、総会、講演会、2回の会報発行、メールマガジンの発行が決まりましたが、事務局をあずかるショーワから、研修会や会報については予定を上回る回数実施できるよう努めるむねサポートの意欲を表明しました。

記念講演会は、政治・経済ジャーナリストの須田慎一郎氏を講師に迎え、「どうなる日本! 取材現場から見た、政治、経済」と題し、今後数年の日本経済の見通しや政治とのかわかりについてお話をうかがいました。

懇親会は、幅和弘(SHOWA 会副会長、弊社社長)がショーワとしての感謝と責任について申し述べたのに続いて、鏡開きと平口恵三氏(ムサシ常務)の乾杯ではじまり、定刻過ぎ、原田直秀 SHOWA 会副会長の中締めで散会しました。