Windows XP のサポート終了について

sample_img_border

歴代の Windows OS の中でも安定性が高く今も広く使われている Windows XP のサポートが、2014年4月9日で終了します。サポートが終了しても Windows が使えなくなるわけではありませんが、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、以下のようなリスクが拡大します。

・悪意あるプログラムの侵入によりデータ漏洩やウイルス感染の危険が高くなります。
・新たな脆弱性が発見されてもマイクロソフトは放置することになるので、カバーすることが難しくなります。
・OS だけでなく、アプリケーションにも脆弱性があります。多くのアプリケーションベンダーは経済的な価値がなくなるため OS のサポート終了に追随すると見られます。
・スパムメールを送ったり、有名企業のウェブサイトを攻撃したりするなど、知らないうちに加害者に加担する可能性が増します。
・XP マシンをネットから切り離しても安全とは限りません。USB メモリや外付け HD、DVD などからの感染もあります。

このような危険が考えられますので、XP の継続利用については慎重な検討が必要です。セキュリティ製品のベンダーなどが対策を打ち出していますが、それらも万全ではありません。

参考サイト:
XPを使い続けるのがセキュリティ的に危険な理由(ワケ) – ITmedia エンタープライズ
「Windows XP」を使い続ける–そのリスクは?
Windows XP のサポートが後1年で終了!なぜ使い続けるのはだめ? – 道すがら講堂
WindowsXPをサポート終了後も使うには-Copains