ボトルもパーソナライズしよう!

Photo1

IGAS2018の花王ブースには、マスターマインド社のラベル・パッケージ向けワイドフォーマットプリンター MR-010 が紹介されていました。MR-010は、花王の水性インクジェット用顔料インクLUNAJET(ルナジェット)で汎用フィルムにダイレクト印刷(下地処理なしで印刷)できる、30インチ幅のインクジェット機です。
 

Roland

 

ブースには、「第41回全日本少年サッカー大会(期間:2017年12月25日〜12月29日)」でノベルティとして配布された液体洗剤アタックが展示されていました。そのパッケージには大会名やチーム名、代表となった都道府県名、各チームのユニフォームの柄などが印刷されていて、参加者や親御さんなどにとって、使い終わっても捨てるのが忍びないものになっています。なお、花王はこの大会に特別協賛していました。
 
マスターマインドの担当者によれば、プリンターに付属しているカッターを使ってボトルにあわせてカットすることもできます。つまり、MR-010が1台あれば軟包装の印刷・加工ができます。サイズも大きくはないので設置場所も選びません。ボトルのパーソナライズや小ロット軟包装の仕事を小さく始めるにはぴったりです。
 
イベントで配布する(あるいは販売する)飲料などのボトルをこうした機材でパーソナライズ/カスタマイズして、そのイベントを来場者にとって思い出深いものにするお手伝いをするのはいかがでしょう?

 
ブライター・レイター 山下 潤一郎 様
ブログへのリンク:Brighter Later Blog