Web会議サービスを使おう!

打ち合わせや外出の自粛が求められる中、Web会議が増えています。皆さんの中には、既にWeb会議に参加したことがある方もいらっしゃるでしょう。筆者も3月以降、Web会議に参加する機会が増えました。先日はオンライン勉強会も開催しました。
 
その際には(パソコンにソフトをインストールすることなく)ブラウザから簡単に参加したり、スマホからでも参加できたりする、以下のようなWeb会議サービスを利用しています:
 
ZOOM
Google Hangouts Meet
Microsoft Teams、など
 
他にも、ChatworkSkypeといったサービスも使われます。また、こうしたサービスには以下のような様々な使い方があります:
 
 打ち合わせ
 商談
 ウェビナー(Webを使ったセミナー)
 記者会見
 オンライン飲み会、など
 
ウェビナーではFacebook LiveやYouTube Liveといったライブ配信サービスが使われることもあります。オンライン飲み会も増えていて、「たくのむ」といった新しいサービスも提供され始めました。
 
Web会議サービスには様々な機能があります。例えば「録画」機能。この機能を使うことで、議事録を作成する代わりに録画したり、ウェビナーの内容を録画・編集してコンテンツ化できたりします。
 
また、「バーチャル背景」という機能を提供しているサービスもあります。これは、Web会議に参加する際に自分の背景を好きな写真・イラストに変えられる機能です。Snap Cameraなど他サービスと連携することで、自分をアバターに置き換えたり、自動的にメイク風加工できたりもします。
 
テレワークが広がる中、今後もWeb会議サービスを利用する機会は増えるでしょう。あわせて、Web会議サービスの種類は増え、使い方は多様化し、機能も充実するでしょう。ぜひ今のうちから積極的にWebサービスを使って、その中で得たノウハウをさらなる効率化やサービスの拡充・品質向上にフル活用しましょう!
 
 
ブライター・レイター 山下 潤一郎 様
ブログへのリンク:Brighter Later Blog